ガーゼがマスクにできるストラップ、「なんでもマスク」4月7日発売

©株式会社BCN

A.Y.Judieは、ガーゼやクロスを簡易マスクとして使えるようにするマスクストラップ「なんでもマスク」を4月7日に発売する。新型コロナウイルス感染症の影響で続くマスクの品薄状態をうけて、代替になる製品を開発した。税別価格は2本入りで800円。

なんでもマスクにできる「なんでもマスク」

なんでもマスクは、端についたクリップを生地に留めることで、どんな生地でも簡易マスクにすることができる。着用することで、飛沫防止や顔を触る回数の抑制などの効果が期待できるという。なお、衛生マスクと異なり、感染リスクの軽減やアレルギー反応を防ぐものではないとしている。

ストラップの色はホワイト、ブラック、ピンク、ブルーの4色。市販のペーパータオルや好きな生地と組み合わせて使うことができる。使用しているのは、日本製のゴムひも。耳が痛くなりにくい平紐を採用している。伸縮性があり、男女問わず使うことができる。子ども用の短いサイズも用意した。