「東京タラレバ娘」が復活。吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の息の合ったマシンガントークに期待!

©株式会社東京ニュース通信社

吉高由里子、榮倉奈々、大島優子が共演する「東京タラレバ娘」が、日本テレビ系のスペシャルドラマ「東京タラレバ娘2020」として3年ぶりに復活。今夏に放送されることが分かった(日時未定)。主人公の鎌田倫子役の吉高は「私は、シーズン2とか(連ドラからの)スペシャルドラマ化っていうのを経験したことがなくて、今回が初めてなんです。その初めての作品が『東京タラレバ娘』で、すごくうれしかったです」と続編の制作を喜んでいる。

2017年1月クールに放送された同作は、東村アキコ氏の人気コミックのドラマ化で、親友との女子会ばかりを繰り返す、売れない脚本家の倫子、ネイリストの山川香(榮倉)、居酒屋の看板娘・鳥居小雪(大島)のアラサー女子3人が、幸せを求めて恋に仕事に奮闘する痛快ストーリー。今回のスペシャルでは、33歳になった3人の姿が描かれる。香は一足早く結婚し今は人妻に、小雪は夢だった自分の店の準備を進め、そして倫子もついに、結婚へ向かおうとしていたが、人生そんなに簡単じゃないとばかりに、次々と思いがけない問題が勃発してしまう。

連続ドラマ終了後もプライベートで交流を続けてきたという3人。「3人が実年齢も同年代ということで、もし違う年に生まれていたら、めぐり会わなかったし、(この3人での)タラレバ娘ってなかったのかなって思いました。プライベートでも会ってご飯を食べたりして、こんなにキュッ!と仲良くなることはなかったのかなって」と大島が話すと、吉高も「確かに! こんなに仲良くなるとは思わなかった。終わってから3年経っても、ご飯ちょこちょこ行ったり、おうちに遊びに行ったりして。いい出会いだったなって」と笑顔を見せ、榮倉も「確かに、すてきな出会いだったと私も思います」とうなずいた。

また、小雪役への思い入れが強いという大島が「私、このために前髪を伸ばしていたんですよ(笑)。終わってしばらく経った時に、もしかしたらスペシャルドラマがあるかも?みたいな話が出始めて。そこから『よし!』と思って、連ドラの時はエクステだったので、地毛でどうにかできるように、ずっと大事に大事に前髪を育ててましたね(笑)」とエピソードを明かすと、吉高が「成長したね、地毛だもんね(笑)」と大島の前髪をなで、仲良しぶりをうかがわせる。

そして、3年ぶりの続編に榮倉は「連ドラが終わった時、3人でいつかまたやれたらいいねと、タラレバ話をしていました。それが本当に実現する!と決まり、うれしい半面、少し恐怖心があります。セリフがいっぱいあるので大変で…(笑)。そこが視聴者の皆さんも楽しみにしてくださっている一つだと思うのですが、3人の交流を続けてきたが本当にプレッシャーです」と不安を口にしつつも、「たくさんの方に愛されたタラレバ娘を、また演じることができて、私自身もとてもうれしいです。明るく楽しいドラマを届けられるように頑張ります!」と前向きに意気込みを語る。

大島は「この3年間に、“『東京タラレバ娘』見てました”とか、“すごい好きだったんです”っていう声を直接聞くことがたくさんあったので、帰ってくることができてとてもうれしいです。皆さんの期待に応えられるように頑張りたいなと思いました」と心境を語り、「また3人のドタバタ劇が始まるわけなんですけれども…。それぞれが、自分が追い求める『幸せ』っていうものを見つけようとあがいていますので、その姿にぜひとも注目してください!」と見どころをアピール。

さらに、吉高は「今回も、楽しく、かわいく、ハッピーな気持ちになるドラマになると思うので、3年たった3人娘たちを…もう娘とは言えないかもしれないけれど(笑)、見守っていただけたらうれしいです!」とメッセージを寄せた。

原作者の東村氏は「『東京タラレバ娘』のドラマから、あっっっという間にもう3年…実はその3年前から『2020年にスペシャルドラマをやりましょうね!』とみんなで約束してたんです」と裏話を披露し、「それが本当に実現して作者としてこれ以上の喜びはありません!遠い未来だと思っていたオリンピックイヤーがやって来て、しかも残念ながら延期になってしまいましたが、タラレバ娘の3人にはまたあの頃のように、いえ、さらにパワーアップして暴れてもらって日本に元気を与えてほしいと思っております」と期待している。