4月6日(月)~15日(水)までの10日間「春の全国交通安全運動」

©株式会社VOTE FOR

~4月10日(金)は「交通事故死ゼロを目指す日」です~
春の交通安全運動では、次の3つの項目を運動の重点として推進します。

■子どもをはじめとする歩行者の安全確保
春は新入学・入園で、児童園児が通学・通園を始める時期で、より一層の注意が必要です。また、県内の交通事故死者数の半数以上を高齢者が占めています。交通ルールをきちんと守り、反射材を活用するなど身の安全を確保しましょう。

■高齢運転者などの安全運転の励行
認知機能の低下や反射神経の鈍化など、加齢に伴う身体機能の変化を認識しましょう。また、シートベルトとチャイルドシートの正しい着用や横断歩道における歩行者優先義務など、交通ルールを正しく守り、安全運転に努めましょう。

■自転車の安全利用の推進
自転車は車両です。車道の左側を通行し、歩道を通るときは歩行者優先で車道寄りを徐行しましょう。安全ルールを守り、子どもはヘルメットを着用しましょう。