イエローチョーク作戦

©株式会社VOTE FOR

犬のフンは放置者の特定が難しく、飼い主のモラルに大きくゆだねられています。そこで、放置された犬のフンのまわりを黄色いチョークで囲み、見つけた日時を書いてフンをそのまま残すことで、地域が監視していることを飼い主に認識させ、飼い主のモラルに訴えフンの放置をなくさせるという啓発活動が「イエローチョーク作戦」です。
市ではこの「イエローチョーク作戦」を推進させることにより飼い主のモラル向上を目指しています。詳しい内容はお問合せください。

フンのまわりをチョークで囲み、発見日時を書く