志村けん追悼番組“あの人”の不在にファンからは「物足りない」の声

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

志村けん 

(C)まいじつ 

新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった国民的お笑い芸人・志村けんさん。4月1日放送の『志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう』(フジテレビ系)には大きな注目が集まったが、ネット上では〝あの人〟が登場しなかったことに不満の声も上がっているようだ。

同番組は志村さんとゆかりのあるゲストを集め、これまでの軌跡を振り返っていくという内容だった。ゲストには『ザ・ドリフターズ』のメンバーである加藤茶、仲本工事、高木ブーの他、数々のコントで共演してきた研ナオコやいしのようこも出演。

番組内では『ドリフ大爆笑』や『志村けんのバカ殿様』の映像を流しつつ、共演者たちが志村さんとの思い出を回想。最後は加藤が弔辞を読み上げ、「志村、ひどすぎるぞお前。一番若いお前が俺たち差し置いて天国に行っちゃうなんてな」と〝盟友〟への想いを語っていった。

多くの視聴者が笑いあり涙ありの内容を見届け、番組の平均世帯視聴率は21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録している。

 

過去まで抹消するのは少々やり過ぎ!?

番組が好評をもって迎えられた一方、志村さんと縁が深い田代まさしの姿がなかったことに疑問を抱く人もいるようだ。

「田代といえば『志村けんのだいじょうぶだぁ』をはじめとする番組で常連を務め、数々の名コントを生み出してきた陰の立役者。しかし今回の番組では田代が出演するパートは一度も流されず、エンドロールで『志村けんの番組に出演してくださった皆様』として過去の共演者が列挙された際にも田代の名前はありませんでした。覚せい剤取締法違反で繰り返し逮捕され、ほぼ芸能界から追放された状態ではありますが、2人が共演してきた過去まで抹消するのは少々やり過ぎかもしれませんね」(芸能事務所関係者)

ネット上では番組に対して、

《志村けんの特番よかったけど、田代の存在が消されていて物足りない》
《田代のパートがない分、内容が薄くなってるね。もっと面白いコントがいっぱいあるのに》
《志村けんが一番輝いてたのは田代とのコント。本当にもったいない!》
《いくら犯罪者でも名前すら消すのはどうかと思う》
《志村けんといえば田代まさしでしょ? せめてテロップには載せればいいのに…》

などといった声が続出している。

特番では取り上げられなかったものの、田代と志村さんが築いた功績は決して失われない。いつか振り返る機会が来ることを期待したいものだ。