消毒スプレーを兵庫県に6600本寄贈 中国の民間団体

©株式会社神戸新聞社

抗菌消毒スプレーを手にした井戸敏三知事(右)と志賀建華理事長(中央)ら=兵庫県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大で消毒液が不足する中、中国の民間団体「中国人民対外友好協会」が、抗菌消毒スプレー約6600本を兵庫県に寄贈した。

 同協会は中国全土に拠点を持つ。会長は故李先念元国家主席の娘の李小林氏。

 兵庫県は2月、中国での感染拡大を受けてマスク約100万枚を広東省などに送付した。スプレーは日本の支援への返礼で、贈るのは兵庫が最初という。

 同協会の日本側窓口となる日中平和発展促進会(東京)の志賀建華理事長らがこのほど、兵庫県庁を訪れ、井戸敏三知事に手渡した。

 志賀理事長は「少しでもお役に立てればうれしい」。井戸知事は「確保が難しい状況でとてもありがたい」と応じ、感染者が出た自治体の高齢者施設などで使うとした。(藤井伸哉)