夫の「在宅勤務」「外出自粛」で離婚が増える!高嶋ちさ子も「夫婦はたまに会うぐらいが良い」

©株式会社ジェイ・キャスト

新型コロナウイルスの感染防止で在宅勤務や外出自粛が広がり、一日中家にいる夫に妻のイライラが募り、離婚まで考える人もいるという。バイオリニストの高嶋ちさ子はSNSでこんな投稿をした。「ママ友が言ってたけど、外出できないと離婚率上がるかもって。夫婦はたまに会うぐらいが良いって言う人もいるしね」

「グッとラック!」がSNSを調べたところ、「コロナの影響で休みになって家にいるダンナ。何もしてないくせに疲れたと言ってずっと寝てる」「コロナのせいで給食もないから毎日3食ご飯作り。くそダンナも行くとこないのか、毎日家にいてご飯食べてる。食費が火いー噴いてるっつーの!」など、妻たちの怒りのつぶやきがあふれていた。

弁護士「春は離婚シーズンですがコロナで減ってる」

きょう3日(2020年4月)のスペシャルコメンテーターはお笑いコンビ「ネプチューン」の名倉潤だった。「普段から(不満が)たまってたんだから、コロナを機に『やっぱりあかんかった』と思ったら離婚すればいいんですよ。僕のところは全然大丈夫ですけど」

キャスターの立川志らく「うちだって、いろいろあったけど、全然関係ない。かえって愛情が深まっている」。志らくは、妻の不倫疑惑が週刊文春に暴露されたばかりだ。

髙橋知典(弁護士)「本来、この時期は不倫相談が多いのですが、今年はコロナで減っています。濃厚接触で感染したらバレますし、やっぱり(不倫は)不要不急なんですね」

志らくは「そういうことなんですよ」と苦笑した。