もう失敗しない!トイレの手洗いリノベーション

©株式会社WAKUWAKU/リノベ不動産

(事例:木に囲まれたロッジな暮らし

トイレのリノベーションでは、トイレ本体の工事にのみ目がいきがちですが、忘れてはならないのが手洗い場の設置です。利便性や機能性を考慮に入れたトイレ構成にするためには、手洗い場の設置場所やレイアウト、デザインなどが重要になります。

簡単な手洗い器であればトイレ本体のリノベーション後に後付けすることも可能ですが、デザインや機能性を考えると、できればトイレの本体工事とともに取り付けたいもの。そこで今回の記事では、トイレの手洗いリノベーションについて、その設置方法からレイアウト、一般的な費用の相場について解説していきます。

手洗いリノベーションでおすすめのシステムトイレ

(事例:トイレ・入り口扉リノベーション

洗面所にある洗面台とは別に、トイレ内にも手洗い器を設置することで、衛生面での向上が見込まれます。従来のトイレでは、タンクの上に手洗い用カランの付いた簡便なものが主流でしたが、最近のトイレでは、タンクごと隠れた、またはタンクレスのトイレに手洗い器を設置するほうがより好まれる傾向にあります。さらに収納棚やカウンターを設置することで、よりデザイン性や利便性の高いトイレに仕上がります。

トイレ内に手洗い器を設置する場合、まず問題となるのがトイレの間取りです。従来のトイレの広さは、各家庭の間取りにもよりますが、80cm×120cm程度とされています。そのため、手洗い器を設置する場合には設置スペースに余裕があるのかどうか、今一度確認する必要があります。

トイレ本体のリノベーションの際に手洗い器の設置を検討している場合は、トイレとキャビネットやサイドカウンター及び手洗い器がセットとなっているシステムトイレを選択することで、総コストを抑えることができるほか、利便性や機能性が格段にアップします。たとえば、TOTOのレストパルシリーズや、リクシルのリフォレなどのシステムトイレは大変人気があります。気になるのは給水・排水管工事ですが、システムトイレであればトイレから配管を延ばすことができるため、壁内工事などは不要になるのが利点です。

さらにシステムトイレでは、既設のトイレがタンク付きかタンクレスかによらず工事可能なことも魅力の一つです。タンク付きトイレであれば、後方のタンクを隠すようにして収納スペース兼手洗い器を設置することができるため、これまでのタンク上部に露出した手洗い用のカランからグレードアップした形となります。タンクレストイレの場合は、手洗い器や収納棚を好みに応じて比較的自由に配置することができます。

(参照:トイレの最適な広さはどのくらい?寸法を決める際のポイント

手洗い器を後付けするリノベーション

(事例:お気に入りが沢山ある住まい

トイレの本体工事をせず、手洗い器のみを後付けする場合は、費用を抑えることができるものの、設置スペースや給水・排水管の状況によっては、レイアウトの制約を受けることになります。

最も簡単なタイプは、トイレタンクを利用してその上に手洗い器を設置する方法です。タンク上部を改良するだけなので、できあがりもシンプルですが、広々とした手洗い器を設けることができます。

ただし、タンク上部に設置すると、お子さんやご高齢の方では手が届かず、利便性に欠ける場合も。その場合、トイレから少し離れた入口辺りにブラケットやキャビネットを利用して手洗い器を設置することが可能です。トイレへの動線を確保するため、手洗い器の形状やデザインに制約はあるものの、お子さんやご高齢の方でも無理なく使えることが利点になります。

どうしてもトイレスペースを広く取りたい場合には、壁内埋め込み型の手洗い器もあります。壁内工事や内装工事が必要になるため、その分工期が長くなりますが、より広々としたトイレ空間を確保することができます。

手洗いリノベーションの費用

手洗いリノベーションにかかる費用は、手洗い器本体に加え工事費用や諸費用がかかります。手洗い器本体のみなら1万円台から販売されているようですが、これに別途工事費用などがかかりますので業者から見積もりを取るのがいいでしょう。

手洗い器はブラケットタイプよりもキャビネットタイプのほうが費用がかかります。さらに、収納棚やカウンターなどを含めると25万円~はかかるとみておくべきでしょう。

システムトイレですと、30~50万円が相場のようです。ただし、見積もりによっては30万円以内に収まったシステムトイレもあり、手洗い器のみ設置するより費用を抑えられる場合もあります。手洗いリノベーションを行う場合は、システムトイレも含めて見積もり比較をすることで、より理想的なトイレ空間へのリノベーションに近づけられるでしょう。

(参照:TOTO 参考価格

まとめ

手洗いリノベーションには、手洗い器を後付けする方法と、トイレ空間ごと改良するシステムトイレがあり、見積もり次第ではシステムトイレのほうが費用を抑えられる場合もあります。

手洗いリノベーションにあたっては、システムトイレも含めた見積もり検討を行うことをおすすめします。