羽田、都心通過ルートで初飛行

国際線強化、騒音に不安も

©一般社団法人共同通信社

羽田空港の新飛行ルートの実施が始まり、東京都心上空を飛行する航空機=3日午後、東京都港区

 羽田空港への着陸機が東京都心を通過する新たなルートで3日午後、初めての飛行が実施された。3月29日に運用が始まって以降、条件の南風にならず、実際の飛行はなかった。新ルートの導入は国際線増便による羽田の役割向上が目的だが、東京湾中心だった飛行ルートが都心にも広がり、騒音や機体からの部品落下で日常生活に影響が出る恐れもある。

 国交省はルートの見直しで滑走路の使い方を効率的にし、1日当たり50便増えた発着枠を全て国際線に充てた。

 都心ルートは国内線、国際線とも、さいたま市付近から新宿や渋谷へ南下。運用時間は午後3~7時。最多で2分に1回のペースになる見込みだ。