ジェジュンは常習犯!? 過去にやらかした“犯罪的大ウソ”にドン引き…

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Ollyy / Shutterstock

「新型コロナウイルスに感染した」と〝エープリルフールのウソ〟をつき、大炎上している韓国のアイドルグループ『東方神起』の元メンバーで、現在は『JYJ』に所属するキム・ジェジュン。実は、過去にも前科を持つ〝常習犯〟だったようだ。

ジェジュンは4月1日、自身のインスタグラムを更新。韓国語で「私は新型コロナウイルスに感染しています」「自分の不注意」「入院しています」などと報告して大騒動に。するとその後、投稿文を改変し「自分と大切な人を守るために話をしました」などと、注意喚起のためにウソをついたと弁解。所属事務所の公式サイトでは、「感染の事実はないことをここにご報告させていただきます」と、あらためて感染はウソだったとするコメントが出された。

「ジェジュンは日本でも大人気のタレントですが、日本国内では志村けんさんがコロナウイルスによって死去したばかり。軽々しく触れていい事柄ではありません。今回の騒動によって、日本での仕事が次々にキャンセルとなっています。また、韓国内でも大批判を受けているようですね」(エンタメ誌記者)

韓国大統領府の「国民請願掲示板」では、ジェジュンの処罰を求めるメッセージと、それに賛同する声まで多く上がっている。しかし、ジェジュンは過去にも、「冗談でした」では済まされないウソをついていたようだ。

 

ステージ上でぶっ倒れて…

「2017年4月1日、台湾で開催されたコンサート中に突然、ジェジュンがステージ上で倒れました。公演はやむなく中断されて、警備員たちがステージに上がり心臓マッサージを開始。会場は緊迫した雰囲気に包まれ、悲鳴がそこかしこから上がる状況に…。すると、音楽が再び流れ始めて、エープリルフールのイタズラだったことをネタばらし。最後は、やり過ぎてゴメンねと言わんばかりに、土下座して謝罪していましたね」(芸能ライター)

作家の乙武洋匡氏や、ギャルモデルの〝ゆきぽよ〟こと木村有希など、普段バラエティー番組を盛り上げるタレントでさえ、「今年のエープリルフールは、コロナに関するウソをつくな」と警鐘を鳴らしているにもかかわらず、このヒドイありさま…。来年はどんなウソを言おうが、〝前科持ち〟のジェジュンの話を誰1人信用しないことは確かだろう。

 

【画像】

Ollyy / Shutterstock