【ハートマークに意味なし!】「スタンプ」が恋の発展を左右する?残念すぎる男の間違いLINE

©ytvメディアデザイン

俳優・古川雄輝が主演を務める連続ドラマ『LINEの答えあわせ~男と女の勘違い~』(読売テレビ、毎週土曜 深夜0時58分~)の第9話が、2020年3月28日(土)に放送されました。

SNSでは、「共感することが多くて地味にハマる。次回の内容が気になる!」「先週はピュアな恋にキャーキャーしたけど、今回は打って変わって大人の恋愛がテーマ。色々と学ばせてもらおう」と、第9話に多くの関心が寄せられていました。

■第9話のあらすじ

自身の経営するレストラン『グランロッサ』の閉店後、岩佐(和田正人)がワインを飲んでいると、佳奈子(坂井真紀)が訪れる。佳奈子は岩佐に、元カレのグチを言い続け、スッキリとした表情で帰って行った。

翌日、佳奈子から「昨日は相談に乗ってくれてありがとう♡」とLINEが届く。恋の予感を感じさせるハートマーク付きのメッセージに一人悶々とする岩佐だった。

実は岩佐は3年前に離婚をし、息子が一人いる。息子との面会時に、別れた妻に新しい恋人がいることを聞かされ少し物寂しさを覚える岩佐。「自分も新しい恋を探さなくてはいけない……」と強く思うのだった。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

佳奈子がその後、恋人とどうなったのかと気になった岩佐は、“彼氏と、どうなった?”という意味を込めてLINEスタンプを送る。すると、佳奈子から「彼とは完全に終わったよ〜」と返答が。岩佐が思い切ってご飯に誘うと「行きたい♡ありがとう!」と返ってくる。快く了承したその返事にもハートマークが付いていた。

焼き鳥屋で会うことになった岩佐と佳奈子。豪快に日本酒を飲む加奈子に、岩佐は圧倒されるものの、電話が入った途端に仕事モードに切り替わる姿に“たくましさ”を感じて好感をもつのだった。

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

翌日、岩佐がLINEを確認すると、佳奈子から何の連絡もなかった。心配になった岩佐は、二日酔いではないかと様子を伺う意味を込めてスタンプを佳奈子に送る。

すぐに彼女からスタンプで返信が来て、そのままスタンプだけのやり取りを続ける2人。しかしその後、佳奈子から返事が来ることはなかった……。岩佐の“残念すぎる”間違いとは何なのか?

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

一方、佳奈子はグランロッサで元カレの話をしたとき、“私の話をずっと聞いてくれた男性”と岩佐に良い印象を抱いていた。

翌日「昨日は相談に乗ってくれてありがとう♡」と岩佐にLINEをしたものの、ハートマークにはとくに意味はなかったのだが……。

■次回はいよいよ最終話!第10話はどうなる?

Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会

グランロッサが移転することになり、料理教室に参加した安井(古川雄輝)、恵理乃(大西礼芳)、藤城(黒羽麻璃央)、沙羅(筧美和子)、徳川(眞島秀和)、佳奈子(坂井真紀)に岩佐(和田正人)から連絡が来る。

アパレルのプレスとして働く恵理乃は、ブランドの新作発表イベントを任される。このイベントでは、安井の会社と組んだ企画を予定していた。料理教室ではまったく相性が合わなかった恵理乃と安井だが……。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』では、4月5日(日)深夜0時57分まで、絶賛見逃し配信中。岩佐のLINEには、誰でも陥りがちな大きな落とし穴があった! 第9話からでも楽しめる本作を、ぜひチェックして。(文/にしかわゆかこ)

【画像】
※ Ⓒ2020「LINEの答えあわせ」製作委員会