新型コロナ感染の黒沢かずこ、PCR検査は「粘って粘って、頼みこんで」 鈴木おさむらが明かす

©株式会社ジェイ・キャスト

お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこさんの新型コロナウイルスに感染が2020年4月4日、判明した。所属する吉本興業の公式サイトによると、黒沢さんは3月21日に発熱の症状が見られ、その後回復したが、味覚・嗅覚異常の症状が残ったため都内の保健所に連絡。複数の医療機関を受診し、PCR検査の結果3日夜に感染が明らかとなった。

鈴木おさむさん(2016年撮影)

この「PCR検査」について、黒沢さんと親交のある芸能人たちがツイッターで言及している。

「なかなか検査してくれない!これが怖い」

「森三中・黒沢、二週間放置とか書かれてますが、そんなことない。味がしないという症状が出て、先週の木曜日26日から、自宅待機で仕事休んでます。しかも、病院行っても、検査してくれなくて、粘って粘って、頼みこんで、やっと今週水曜日検査してくれたんです!なかなか検査してくれない!これが怖い」

「森三中」大島美幸さんの夫で放送作家の鈴木おさむさんは4月4日、こうツイートした。同日、元宮崎県知事の東国原英夫氏も「森三中の黒沢さんは粘って粘って頼み込んでやっと検査を受けさせて貰ったらしい。一体、どうなってんの?」とツイッターで言及。また、お笑いコンビ「フォーリンラブ」バービーさんもツイッターで、黒沢さんを「プライベートで人が集まる所には絶対に行かないし、普段から衛生には人一倍厳しく除菌などうるさいぐらい徹底している方」と評し、

「それぐらいの方が感染したということは、無症状の保菌者や、保健所で検査してもらえない方がたくさんいるということ」

このように、現状の検査体制について私見を述べた。

PCR検査の1日当たり実施可能数「9000件超」

厚生労働省の公式サイト内「新型コロナウイルス感染症について」ページによると、2月18日~4月1日までの国内(国立感染症研究所、検疫所、地方衛生研究所・保健所等)におけるPCR検査の実施件数は6万5039件だ。同サイト、医療機関・検査機関向けの「新型コロナウイルスに関するQ&A;」ページには、検査までの手順や結果が出るまでの期間について

「医師が新型コロナウイルス感染症を疑う場合に、各自治体と相談の上で検査することになります、その際は、疑似症として保健所に届け出後、地方衛生研究所または国立感染症研究所で検査することになります。まずはお近くの保健所にお問い合わせください」
「渡航歴や患者との接触歴などから、都道府県が必要と判断した場合に検査が行われます。(中略)結果が判明するまでの期間は状況によりますが、1日から数日かかります」

と説明がある。

なお、菅義偉官房長官は4月2日の記者会見でPCR検査の1日当たり実施可能数について9000件超を確保したと明らかにし、「医師が必要だと診断した人には全員検査を行っている」と述べている。