DEAD END・YOU「イントロからもう“だーーっ”って書いちゃう」独特すぎる作曲方法にMUCC・逹瑯も驚き

©ジグノシステムジャパン株式会社

ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。3月30日(月)の放送では、3人組バンド・DEAD ENDからYOUさん(Gt)が登場! 作曲方法についてお話いただきました。

(左から)YOUさん、逹瑯

YOUさんは作曲の際、散歩中にイメージを膨らませて曲を書くことが多いそうですが、どのように行っているのでしょうか?

YOU:なんかね、“日記”みたいに書くんですよね。例えば、外に散歩しに行って、1時間、2時間歩いたら、“今日は犬の散歩をしていた人がたくさんいたな~”みたいな感覚で音符を入力していく。“どうしようかな?”って考えたりする部分がないっていうか。

逹瑯:その犬とかの歩いている感じとかが、騒がしくしていたら、ちょっとそういう“(ビート)刻みの曲”になったりするということですか?

YOU:そう! 僕、毎日2時間必ず歩くようにしているんですけど、そうしたら、毎日、空の色も雲の形も違うでしょ? 雨が降っていたり。

逹瑯:雨が降っていても2時間歩くんですか?

YOU:雨の日なんか特に歩きますよ。

逹瑯:へぇー! すげぇ~(笑)。

YOU:傘に当たる「バシバシバシバシ」って音が大好きで。

逹瑯:何時ごろですか? それ。

YOU:夜明け前だったり、夕方だったり。

逹瑯:この間の突然降った雪の日は?

YOU:雪の日は、(ライヴの)本番だったんで。

逹瑯:あー、そうなんだ(笑)。

YOU:でも、雪とか降ったら、もう嬉しくて。

逹瑯:歩きたくてしょうがないんじゃないですか?

YOU:「うわぁ~!」みたいな(笑)。

逹瑯・YOU:(爆笑)

逹瑯:めちゃめちゃ楽しそうですね(笑)。

YOU:よく、「この曲は天からフレーズが降りてきたんですよ」みたいなことを仰る方もいるんですけれども、僕はそれが一切ない。“ん~どうしようかな”って悩む瞬間がないので、思い浮かんだらすべてを入力するっていう。

逹瑯:へぇー。

YOU:「この曲のイントロどうしようかな?」じゃなくて、イントロからもう“だーーっ”って書いちゃうので、15分ぐらいで大体の全体像を書いて。ギターソロのコード進行とかは、ちょっとあとで考えたりしますけど、少なくともメロディに関しては、まぁ30分もあったら……。

逹瑯:スケッチだけしておいちゃおうかって感じですかね?

YOU:そうですね。

逹瑯:じゃあその、散歩が終わったら、小1時間ぐらいは絶対、次の予定までの間に余裕を持たせとかなきゃいけないってことですね?

YOU:そう。

逹瑯:すごーい。

YOU:散歩のあとに用事とかがあったら、「ん~…」みたいな。ちゃんと2時間歩くって決めてるので、早く(散歩を)切り上げるわけにもいかないし。でも、“パッ”と思いついたときは、ちょっと早歩きになるかな、忘れないように。でも、やっぱり人間なんで忘れることもありますね。

逹瑯:ですよね。同じ場所とか時間に、「いつも散歩してる人だな」って散歩仲間とかできちゃったら、「なるべく話しかけないでくれ」みたいな感じですよね(笑)?

YOU:僕、割とのどかなところに住んでるので、信号待ちとかしていたら、おじいちゃんおばあちゃんとかだったら、割と気さくに「今日寒いわね~」とか言ってきたりします。「初対面なのに……」とか思いながらも。でもそのときに僕の中では「雪やこんこん♪」みたいなフレーズが浮かんでいたら、そのおばあちゃんに「雪やこんこん♪」って言っちゃう、みたいな(笑)。

逹瑯・YOU:(爆笑)

YOU:「邪魔しないで」というより、こっちで思い浮かんでいるのを放出しちゃうみたいなね。

逹瑯:そうしたらもう話しかけてこないですね(笑)。

YOU:「ヤバい人だこの人、雪降ってねーのに」みたいな(笑)。

◎4月から放送日が毎週土曜25:30~26:00に変わります! 4月4日(土)放送の「JACK IN THE RADIO」は、「己龍」から黒崎眞弥さん(Vo)、九条武政さん(Gt)をお迎えします! どうぞお楽しみに!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年4月7日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週土曜25:30~26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack