夏の大会開催へ「感染リスク回避」 新潟県高野連、春の高校野球中止を発表

©株式会社新潟日報社

春の北信越高校野球県大会の中止を発表する県高野連の富樫信浩会長=4日、新潟市東区

 新潟県高野連は4日、新潟市東区で会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大に伴い第142回北信越高校野球県大会の全試合を中止すると発表した。大会は26日に開幕予定だった。富樫信浩会長は「今夏の大会の開催に向け、感染リスクを少なくするためと捉えてほしい」と語った。

 会見で富樫会長が中止の理由を説明。大会開催による感染拡大リスクのほか、2カ月近い練習休止期間があり、けが発生の恐れがあることなどを挙げた。

 2日に理事や加盟校に中止の方針を説明したが、反対意見はほとんど出なかったという。

 富樫会長は選手に「申し訳なく思っているが、判断するのがわれわれの役目。現在の状況を理解してほしい」と訴えた。秋と春の県大会の結果を反映する夏のシード権については「秋の結果を優先するか、フリー抽選とするか理事会で検討していく」と述べた。

 6月に開催予定の北信越大会に、本県は代表を送らないことも説明した。