陽春 満ちる命の輝き 4日は二十四節気の「清明」

©株式会社上毛新聞社

 4日は二十四節気の一つ「清明」。春先の陽光に照らされ、草木などあらゆるものが明るく清らかで、生き生きする季節とされる。

 赤城山北麓に広がる群馬県昭和村の畑では、残雪の武尊山を背に、植えられたばかりのレタスの葉が春の日差しを浴びて輝いている=写真。