中国、人権派弁護士が出所

感染症を理由に監視継続か

©一般社団法人共同通信社

王全璋氏

 【北京共同】中国で国家政権転覆罪に問われ実刑判決を受けた人権派弁護士、王全璋氏が5日に刑期を終えて収監先の山東省臨沂市の刑務所を出所した。ただ、新型コロナウイルス感染症対策として同省で隔離されており、出所後も当局の監視下に置かれる可能性がある。妻、李文足さんが明らかにした。

 習近平指導部は2015年7月、王氏を含む弁護士や活動家ら約300人を一斉に拘束し、人権派への抑圧姿勢を鮮明にした。

 カナダなど国内外の11の人権団体は5日までに、王氏の出所後に完全に監視を解いて家族と暮らす権利を保障するよう中国政府に求める声明を出した。