ヨネスケ、野村克也・金田正一との秘話に万感「野球界の宝だった」

©株式会社ニッポン放送

落語家、タレントのヨネスケが、ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」に出演し、元プロ野球選手・監督の野村克也、金田正一とのエピソードを明かした。

芸能界きってのプロ野球ファンのヨネスケ。プロ野球界の訃報について語る中で、「前に野村さんに会った時に、南海ファンだったから感動して話しかけたら『お前長嶋のファンだもんな』って言われて。『何言ってるんですか、俺は南海のファンだったんですよ』って言ったんだけども。ねぇ……」と、野村との思い出を回想した。さらに、金田との思い出を次のように振り返った。

ヨネスケ: 金やんは本当にすごい人で、前に名球会のメンバーで野球するイベントがあって、私も行ったの。そしたら金田さんが俺を呼んで、ベンチのど真ん中に座らせてくれたんだよ。あれはすごかったね~。

高田: 本当に野球界の宝だったね

ヨネスケ: だから偲ぶ会も行きたかったんだけど失礼なことしたな~。高田さんの時は必ず偲ぶ会行くから

高田: どっちが先だか(笑)

ヨネスケ: そうだね。あと小遊三。誰が先かね。

高田: 誰も順番守るタイプじゃないからね(笑)

ヨネスケ: でもこれはさ、最後まで残った奴が一番不幸せだよね。

高田: そうだね。話す相手がいないからね。

同級生のヨネスケ、高田、三遊亭小遊三の中で、誰が早く逝くかという話をユーモラスに語りながら、野村、金田という偉大なプロ野球人を偲ぶ2人であった。

(ニッポン放送「高田文夫と松本明子のラジオビバリー昼ズ」3月16日放送分より)