快適に移動できるよう支援します

©株式会社VOTE FOR

4月より新たに「高齢者等交通費助成事業」がスタートします。高齢者の方々などが、生活に必要な移動によって生じる交通費の一部を助成する事業です。対象者や手続きなどについて紹介します。

◆助成対象となる世帯
本人や配偶者が自家用車を所有していない方で、次のいずれかに該当する世帯が対象となります。
・満65歳以上の方がいる世帯
・身体障害者手帳1級もしくは2級の方がいる世帯
・精神障害者保健福祉手帳1級の方がいる世帯
・療育手帳A判定の方がいる世帯
※町税などの滞納世帯及び生活保護世帯は対象外

◆対象となる交通機関
三共ハイヤー、空知中央バス、JR北海道

▽三共ハイヤー
タクシー・バスで利用できる助成券(100円券×10枚綴り×10冊まで(年間))を交付します。

・三共ハイヤー(タクシー)の場合
利用可能枚数
1,000円以下の場合:3枚まで
1,000~1,999円:6枚まで
2,000円以上の場合:9枚まで

利用制限
町内の医療機関・駅・バス停・官公庁・ぺぺルまでの乗車。(町外への利用については医療機関に限り利用可能)

▽空知中央バス
タクシー・バスで利用できる助成券(100円券×10枚綴り×10冊まで(年間))を交付します。

・空知中央バスの場合
利用可能枚数
190円以下の場合:1枚まで
200円以上の場合:2枚まで

利用制限
空知中央バスの運行路線のうち町内での利用時、町外の医療機関等までの乗降時に利用可能

・保健センターで申請を行います。印鑑をご持参ください。
・申請が完了すると、後日登録証と助成券を交付します。
・助成券利用時は登録証をご提示ください。
有効期間は令和3年3月31日までです。

▽JR北海道
通院利用に限り、片道分の運賃を償還払いします。ただし、上限額は年間10,000円までとし、付添人は助成の対象となりません。
※バス・タクシーの助成券利用者も申請可能です。
・保健センターにて、JRの領収書と病院の領収書を添付した上で申請を行います。後日片道分の運賃相当額を償還します。
・償還は口座振込となりますので、申請の際は通帳(キャッシュカード)をご持参ください。