令和2年度 当初予算-3-

©株式会社VOTE FOR

■このような事業に取り組みます
令和2年度に取り組む主な事業を、新規事業を中心に第5次大刀洗町総合計画の基本目標に沿って紹介します。

1.豊かなくらし(快適、美しい、安心、賑わい)
○地域公共交通対策事業 775万円
(国補助60万円、一般財源715万円)
既存の公共交通の維持確保のため、甘木鉄道や西鉄バスへ補助するとともに、高齢者等の通院や買い物への交通手段の確保のため、新たに地域巡回バスを試行します。

○不良空き家等除去補助金 225万円
(国補助112万円、一般財源113万円)
不良空き家等の除去を推進し、生活環境の保全を図るため、不良空き家等の除去に対して、補助金を交付します。

○暗渠排水事業 6,029万円
(国補助4,950万円、一般財源1,079万円)
暗渠排水の未整備または対応年数を経過した農地を対象に整備し、農地の排水性を高め、園芸作物の作付けを推進し収益性の向上を図ります。

○ほ場整備事業 8,358万円
(地方債2,700万円、一般財源5,658万円)
農地整備によって、機械作業の効率化と農地利用率の向上を進めることで、生産性の向上と担い手集約を図ります。

○防災力の強化 552万円
(国補助30万円、一般財源522万円)
消防団に新たに機能別消防団員の制度を導入するとともに、水害に備え、救助ボート、排水ポンプ等を配備します。さらに、地域における防災士の育成支援や防災専門官の増員など、防災力の強化に取り組んでいきます。

○菅野橋災害復旧事業 1億7,000万円
(国補助1億1,339万円、地方債5,090万円、一般財源571万円)
平成30年7月豪雨により被災した、町道橋である菅野橋の早期復旧を目指し、復旧事業を行います。

○保育所等整備事業費補助金 1億6,525万円
(国補助9,683万円、一般財源6,842万円)
大堰保育園の園庭南側に、新たに園舎を整備し、保育環境の充実を図ります。

2.輝く人(健やか、温かい、学び)
○がん検診事業 1,602万円
(一般財源1,602万円)
従来の胃・肺・大腸・子宮・乳・前立腺がん検診に新たに胃内視鏡検診を加え、がんの早期発見および検診率向上を図ります。

○高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施 773万円
(諸収入773万円)
高齢者の医療、健診、介護等のデータ分析により、地域課題の整理・分析を行います。加えて、介護予防事業と、後期高齢者の保健事業等を一体的に実施し、フレイル予防や重症化予防など、町民の皆様の健康づくりに取り組みます。

○外国語教育の充実 569万円
(一般財源569万円)
小学校における外国語教育の実施に対応するため、外国語指導助手(ALT)を小学校に配置するとともに、中学校において英語検定を実施するなど、英語力、コミュニケーション力を育成します。

○待機児童支援事業 720万円
(一般財源720万円)
認可保育所を希望したが入所できずに認可外保育施設、または、企業主導型保育所を利用している児童に対して補助金を交付します。

3.繋(つな)がるまち(協働、拓く)
○男女共同参画推進事業 265万円
(国補助33万円、一般財源232万円)
男女が互いにその人権を尊重し、責任を分かち合い、自らの個性と能力を発揮できるまちづくりを目指して「男女共同参画計画」の次期計画を策定します。