玉城ティナが「SUITS/スーツ2」で月9初出演。「初めてはいつもドキドキします」

©株式会社東京ニュース通信社

玉城ティナが、4月13日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「SUITS/スーツ2」(月曜午後9:00)にゲスト出演する。

同作は、全米メガヒットドラマ「SUITS」のシーズン2を原作に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)と経歴詐称の天才ニセ弁護士・鈴木大輔(中島裕翔)がさまざまな訴訟に向き合い、問題を解決していくリーガルドラマ。

玉城が演じる吉野麻帆は、国内大手出版社「柊出版」の元契約スタッフ。ベストセラー作家の最新作に、自分のアイデアを盗まれたと「柊出版」を相手に訴えを起こそうとする。簡単な嫌がらせの訴えと思い、甲斐は「柊出版」からの案件を大輔に任せるが、情け深く実直な大輔は吉野に同情し、訴訟は思わぬ方向へと進んでいく。

月9初出演に玉城は「“月9”って響きが特別なものと思っています! 学生の時に月9のドラマを見て、翌日学校でみんなで話していた経験が私自身にもあったので、その頃を思い返してみると自分が出演することが夢みたいです。初めてはいつもドキドキします」と喜ぶ。

また、作品については、「すごくヒットした作品のシーズン2の第1話に出演させていただくなんて、大変光栄です。ファッションやちょっとした言葉のチョイスが今っぽく、すごく新しいなと思ってシーズン1を見ていました。まさかその世界に携われるなんて思ってもみなかったので、驚きとうれしさでいっぱいです」と明かしている。