「警視庁・捜査一課長2020」の内藤剛志、金田明夫、ナイツ塙がライブ配信でファンサービス!

©株式会社東京ニュース通信社

4月9日からスタートする内藤剛志主演のテレビ朝日系連続ドラマ「警視庁・捜査一課長2020」(木曜午後8:00)。放送開始を目前に控え、4月4日にライブ配信が行われ、大岩純一捜査一課長役の内藤剛志、小山田大介管理官役の金田明夫、大岩付きの運転を担当する刑事・奥野親道役の塙宣之(ナイツ)、そして大岩家の愛猫・ビビが参加した。

ライブ配信の冒頭、内藤は「リアルタイムで寄せられたコメントも読めるということなので、皆さんと同じ時間をここで楽しみたいと思います!」と語り、まずは事前に募ったファンからの質問に答えるコーナーからスタート。

そして、事件発生を知らせる一課長宛ての電話の内容を募集した“一課長大喜利”企画では、金田がセレクトした「一課・長大岩。何? ラーメン二つ? うちはラーメン屋じゃねえ!」という投稿セリフを、内藤が実際に大岩になりきって色々なパターンで演じるという即興芝居を繰り広げ、スタジオは大爆笑に包まれた。

また、内藤が選んだ「一課長・大岩。何? 京都の科捜研が俺に会いに来ている?」というセリフに、内藤が「これまで色々なコラボをやらせていただいていますが、これ(=『科捜研の女』(同系)とのコラボ)が本当になるといいなと思っています」と期待を込めて語り、「やっちゃん(=沢口靖子)、ぜひ出てくれない?」とカメラに向かって呼びかける一幕も。

さらに、配信中に寄せられた「一課長を演じている時に、『科捜研の女』の土門薫刑事が降りてきそうになることはないですか?」という質問に、内藤は「土門はアグレッシブに前へ前へ行こうとするタイプ。大岩は部下たちの活躍を後ろから見るようにしている」と説明し、リアルタイムでのファンとのコミュニケーションを楽しんだ。

ライブ配信の途中には“スクショタイム”も設け、内藤、金田、塙がそれぞれTwitterに寄せられたリクエストに応えて“うさ耳”“ネコ耳”“虫歯ポーズ”“指ハート”などをサービスするコーナーも。

内藤は「このドラマは三つのことを心がけています。一つは、ミステリー作品ですからまずは犯人捜しを楽しんでいただきたいと思っています。二つ目は事件に関わる人の人間模様をじっくり楽しんでいただきたい。そして、三つ目はチームワークで何かを成し遂げることの素晴らしさをお届けしたい。今、厳しい時期ですが、少しだけ意識を変えることで自分や相手を守ることにつながり、それがいずれ大きな力になると思います。少しでもこのドラマが皆さんの力になれたら…」と、ライブ配信の視聴者に熱いメッセージを伝えた。

捜査一課長からの力強い言葉で、ライブ配信の幕を閉じようとしていた内藤の前に、それまで自由奔放にスタジオを行き来していたビビがドーンと座りこむハプニング! 「ビビ……主役は一応俺なんだけど……いつもドラマ本編もビビのカットで終わるのに、ライブ配信でもビビで終わる?」と、スタジオの一同も思わず苦笑い。最後はビビに主役を奪われる形でライブ配信を締めくくった。

なお、番組公式Twitterアカウントでは、オリジナルグッズプレゼント企画を実施中。4月4日に公開された予告動画をリツイートした方の中から、抽選で20人に番組特製グッズをプレゼントする。さらに、ドラマスタートを記念して、公式Twitterアカウントでフォロー&リツイートすると、抽選で100人にAmazonギフトカード1000円分が当たるキャンペーンも。締め切りは4月9日。

さらに、「自分も一課長の決めゼリフ=“必ずホシをあげる!”を言ってみたい」という塙の願望から始まった動画企画「#必ずホシをあげる」も、4月9日から公式Twitterでスタート。さまざまな豪華ゲストが登場予定。こちらにも期待したい。