渡辺謙×豊川悦司の共演で「逃亡者」を2夜連続放送!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日が開局60周年記念作品としてリメークする不朽の名作「逃亡者」が、2020年にドラマスペシャル「逃亡者」として2夜連続放送される(日時未定)。主人公のエリート外科医・加倉井一樹を演じるのは渡辺謙、そして加倉井を追い詰める刑事・保坂正巳に豊川悦司が扮(ふん)する。

1963~67年にアメリカで放送されたテレビシリーズ「逃亡者」。最終回は約7800万人に視聴され、当時のアメリカで最高記録を樹立した名作ドラマとして知られ、日本では64年から放送し、一世を風靡(ふうび)した。また、93年にはハリソン・フォード主演で映画化。保安官を演じたトミー・リー・ジョーンズがアカデミー賞助演男優賞を受賞するなど時代を超える名作として受け継がれている。

そんな本作で豊川が演じる保坂は、テロリスト対策のために新設された警視庁特別広域捜査班の班長だ。容疑者を確保するためなら手段を選ばず、部下がおびえるほど執拗(しつよう)にターゲットを追い込んでいくたたき上げの刑事で、妻殺しの容疑をかけられ自らの潔白を証明するため逃亡した加倉井をじりじりと追い詰めていく。

今回、大先輩である渡辺との3度目の共演について、豊川は「今回が一番がっつり芝居させてもらったんじゃないかと思います」と喜ぶ。また、昨年ハリウッド映画「ミッドウェー」に参加したことで「あらためて謙さんは20年近くも世界で仕事を続けてこられたんだな…とそのすごさを考えるチャンスをもらいました」と、世界で活躍する渡辺の足跡の大きさを実感した様子。

さらに、「あらためて思ったのは、謙さんはとても真面目な方で、自分の役だけでなく全体を考えている、ということ。『このシーンはこう解釈できるけど、君はどう思う?』と、監督や共演者とのディスカッションを多く重ねるんです。謙さんのおかげで僕自身も新たな発見があり、そういう“渡辺謙スタイル”に触れられてすごく刺激になりました」と作品に対する渡辺の真摯な姿勢に触発されたことを語った。

そんな豊川に対し、渡辺は「豊川さんのことは、もともと面白い俳優さんだなと思って作品を拝見していました。なかなかほかの俳優には出せない空気感や雰囲気を持っていらっしゃいますよね。今回、彼が演じた保坂は多くを語る役ではないのですが、孤独感や人間に対する不信感を背負って迫ってくるのがひしひしと伝わってきました」と称賛。

また、「彼は、僕にはないクールさを持っているんですよね。階段のシーンを撮影していた時、追われる側の僕はガニ股で必死にガーッと降りていたのですが、後ろを振り返ると、彼が拳銃を手にカッコよく降りてくるんですよ。いやぁ、クールだなあって感心しました(笑)」と、撮影時の印象を明かした。

そして、作品の見どころについては、「“追う者VS追われる者”の構図はサスペンスの王道みたいなもの。本作では舞台を現代社会に置き換えましたが、非常に面白味のあるストーリーになっていると思います。前編は息もつかせぬ追跡劇が展開しますので、視聴者の皆さんにはテレビの前で『ダメダメ、そっち行っちゃダメ~! つかまっちゃう~!』なんて叫びながら見てほしいです(笑)。後半は頭脳戦のサスペンス。非常にスリリングな中で大団円を迎えるので、ぜひ続けてご覧いただければうれしいですね」と自信をのぞかせた。

なお、インターネットテレビ局・AbemaTVと4月から始まるテレビ朝日の新動画配信プラットフォーム・TELASA(テラサ)と連携し、多角的なプロジェクトが始動。豊川演じる保坂をはじめとした、“逃亡者”加倉井を“追う刑事”たちにスポットを当てた、AbemaTVとTELASAだけでしか見られないスペシャルコンテンツの制作も決定。地上波でのドラマ放送と連動したコンテンツ展開で、「逃亡者」の世界観がさらなる広がりを見せていく。