LINEに返信がないときの「催促方法」

©株式会社マイナビ

彼からLINEの返信がこないとき、催促したいけれどどうしていいかわからないときってありますよね。とはいえむやみやたらとしつこくすると、嫌われてしまう可能性もあります。ではどのようにLINEの返信を促せばいいのでしょうか?今回は社会人女性のみなさんに、男性からLINEの返信がないときの「催促方法」について聞いてみました!

■スタンプを送る

・「スタンプを送り、威圧感を与えないようにする。自分本位にならないようにする」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「壁から覗くようなLINEスタンプを送る」(30歳/その他/専門職)

言葉で追い打ちをかけると威圧感を与えてしまいますよね。少しツッコミどころのあるスタンプを追送することで返信がきやすくなることも。「ちらっ」とキャラクターが覗いているようなスタンプを送ると可愛らしいですよね。

■別の話題を振ってみる

・「LINEを送るようなできごとを探して送る。ただ単に催促するだけだと重いと感じられてもイヤ」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「別の話題を思い出したようについでに話す」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

同じことを送ってしまうより、別の話題を振って会話を促してみてもいいかもしれませんね。前回のLINEの内容が彼にとって返信しづらいものだった場合、この方法は有効ですね。

■てっとり早く電話をしてしまう

・「電話をする。LINEよりも重要なことがあるのかと思わせられるから」(25歳/学校・教育関連/その他)

・「『普通に電話をかけて、LINE見た?』って聞くといい」(27歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

LINEで追い打ちをかけずに、そのまま電話をしてしまうという女性も。声を聞いて直接理由を聞けますし、もやもやしている時間がもったいないと思ってしまう女性にはオススメです。

■数日待って様子をみてみる

・「忙しいかもしれないから、1~2日は放置する。それでも連絡がこなければ、なんかあった?大丈夫?って送ってみる。」(26歳/その他/その他)

・「数日時間を置いてから別の話題を質問文で送信しなおす」(25歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

数日間放置して、様子見をする女性は多いのではないでしょうか?彼が忙しい場合は、催促しても逆効果ですよね。数日間時間をあけてみると、彼が落ち着いたころに返信が返ってくるかもしれません。

■催促しない!

・「特に催促はしない。どうしても用事があるとき以外は急ぎの返信は不要。あまりにも返信が遅ければ、体調などを気遣う」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「特に催促しないで、あぁ返信こないならそういうことか、と諦める」(30歳/医療・福祉/専門職)

催促はしないという女性の回答が多数ありました。返信がこないということは、「それまでの関係だ」と潔く諦める女性も。もし女性に好意があれば、いずれ男性のほうから返信がくるはずですよね。

■まとめ

いずれにしても、男性にしつこくLINEの返信を催促するのはNGだということがわかりました。さりげないアクションを起こして、様子を見てみるのが最善策といえそうですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ調査日時:2019年3月7日~3月11日調査人数:395人(22~34歳の働く女性)