ニトリ、増収増益を予想

コロナ影響も、21年2月期

©一般社団法人共同通信社

 ニトリホールディングスは6日、2021年2月期の連結業績予想について、売上高が前期比1.7%増の6532億円、純利益は6.0%増の757億円になるとの見通しを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で来店客の減少が見込まれるものの、商品開発やインターネット通販を強化する。ただ終息時期によっては変動する可能性があるという。

 3月は商業施設に入る一部店舗で休業もあったが、好調に推移したという。原材料などを調達する中国の取引先は9割以上、ベトナムの自社工場でも通常通り稼働していると説明した。