沖縄県内37市町村389小中学校、休校へ 入学式も半数以上が延期 新型コロナ対策で

©株式会社沖縄タイムス社

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内37市町村の教育委員会は6日までに、管轄の小中学校(計389校)で7日以降の臨時休校を決めた。予定されていた入学式も半数以上の市町村が延期を決定。一方、渡名喜村と伊平屋村は通常通り行い、伊江村と多良間村は判断を保留している。

 休校が長期化していることから、沖縄タイムスの取材に答えた13市町村は「学習課題や教科書の配布、休校の趣旨や生活習慣などを指導する必要がある」などとし、始業式は予定通りに行った上で休校する。

 判断を「保留」とした多良間村は8日に休校するかどうかを判断する予定。伊江村は10日までは午前の従業と給食まで行う予定だが、9日に再度協議し「その後の休校も含めて判断する」としている。

 休校しない2村は「島内で感染者が出ていない」ことが理由。伊平屋村は「島の診療所とも連携し、地域で疑わしい症例が出るなど、別の局面になった際に改めて判断する」とした。