キンプリ神宮寺勇太も岡田健史も!若手イケメンの“恥“エピソードが明らかに

©株式会社東京ニュース通信社

King & Princeの神宮寺勇太、俳優の岡田健史らが、TBS系で4月7日放送のバラエティー特番「出川哲朗の恥の王様~恥の数だけ人生は豊かになる~」(午後7:00=MBS制作)に出演することが分かった。

同番組は、あらゆる恥をかいてきた芸能界の“恥の王様”ことMCの出川哲朗が、進行役の吉村崇(平成ノブシコブシ)と共に、一流芸能人がかいてきた“素晴らしき恥“を再現ドラマで紹介するバラエティーの第3弾。初のゴールデンタイムでの放送となる今回は、神宮寺、岡田のほか、上原浩治、川島明(麒麟)、ガンバレルーヤ(まひる、よしこ)、滝沢カレン、デヴィ夫人、福原遥、ぺこぱ(シュウペイ、松陰寺太勇)、吉田沙保里といった大人気の芸能人や超大物アスリートが集結し、大爆笑の赤っ恥から、涙なくしては語れない感動の恥まで、人生の肥やしとなった極上の恥エピソードを包み隠さず告白する。

神宮寺には、メンバーの高橋海人から「(神宮寺が)ファンにとんでもない暴言を吐いている」というタレコミが到着。髙橋によると、神宮寺はライブに来ていたファンに向かってある暴言を、あろうことか笑顔で言っていたのだという。しかもその様子が、コンサートDVDにバッチリと収録されている。さらに、スタジオでは神宮寺がガンバレルーヤ・よしこをののしる場面も。よしこも「クソが!」と応戦し、まさかの大げんかが勃発!?神宮寺の弁解と衝撃の真相とは?

また、岡田は、中学卒業式でのモテすぎたがゆえの恥ずかしい経験を打ち明ける。卒業式で岡田の第2ボタンを求めて殺到する女子に対してとった行動が、岡田の先輩を怒らせてしまう事態に。そして、滝沢カレンは元カレも登場し、甘酸っぱい青春の恥を告白。元カレ・カンタくんの気を引くためにとった滝沢の衝撃の行動とは?さらに、交際のきっかけになったのは「鼻フェチ」にまつわる恥ずかしすぎる勘違いだったことが明らかになる。

上原がWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の祝勝会で、イチローに「お前は人間的に欠陥がある!」とブチ切れられたという驚きのエピソードを、埼玉西武ライオンズの松坂大輔が証言。その理由は、口に含んだ○○をイチローの顔面にぶちかますというあり得ない行動だった。浮かび上がってきた上原の意外な一面とは?

レスリング女子で五輪3連覇、世界大会16連覇を成し遂げた“霊長類最強女子”と言われた吉田だが、北京五輪直前にはまさかの敗北を喫し、119連勝でストップ。その直後、叱咤(しった)の言葉を投げかけたのは厳格な父ではなく、いつも優しかった母だった。吉田は母から初めてしかられた感動秘話を披露する。

そのほか、デヴィ夫人と川島による「“回転ずし界の王様”スシローの恥を徹底調査」や、出川の「気になる女子とのデートで大撃沈『友達なのにありがとう』」、福原の「初コントの最中に大失態まさかの居眠り!?」、川島の「相方・田村『ホームレス中学生』ブレークの裏で悲しすぎるピン仕事」など、さまざまな“恥”エピソードが飛び出す。