東西南北

©Nikkey Shimbun

 1〜3日に行われたダッタフォーリャの世論調査では、51%の国民が「ボウソナロ大統領はコロナ対策を助けるより、乱していると思う」と答えたが、「大統領はコロナ危機に対処しうる状態にある」と思う人は52%で、そう思わない人の44%を上回った。また、「大統領の辞任に賛成か」には59%が反対し、賛成の37%を上回っている。多くの人はまだ、コロナウイルス流行期間中の政権交代を望まず、自分の方針とあわずとも、なんとか国民のためを思った方針を取ってくれるだろうとの希望を抱いているといったところか。そのためにも国民の大半が支持するマンデッタ保健相と隔離政策は変えないで欲しいが。 
     ◎
 新型コロナウイルス感染で、3月29日から集中治療室(UTI)に入院していたサンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポ市長のオルランド・モランド氏が、5日に一般病棟に移った。同市長はインスタグラムでその報告を行ったが、感極まり、「もう、戻ってこれないのではないかとさえ思った」と泣き崩れる一幕も。同市長は45歳とまだ若く、ハイリスクのグループには属していないが、それでも生命の危機に脅かされた。この病気の深刻さを改めて物語っている。 
     ◎
 本日付でも報じた、中国大使館を憤慨させたウェイントラウビ教育相のツイートに挿し絵が使われた漫画「トゥルマ・ダ・モニカ」の作者マウリシオ・ダ・ソウザ氏の事務所が、6日に声明を出した。曰く「この漫画はみんなが友達になるためのものだ」。子供向け漫画の本来の意義を損ねた意味でも、この行為は問題だったのでは。