シュマイケル、宿敵リヴァプールの初優勝に異議!「打ち切りならナシ」

©株式会社コリー

新型コロナウイルスの影響によって、中断されているプレミアリーグ。

リヴァプールの悲願だった初優勝の行方がどうなるのかも不透明な状況だ。ただ、2位との勝点差は25ポイントもあるため、このまま優勝を認めるべきという声もある。

その一方、宿敵マンチェスター・ユナイテッドの元守護神ピーター・シュマイケルは違う意見のようだ。

『Mirror』によれば、リヴァプールがタイトルにふさわしいことは認めつつ、こう述べたという。

ピーター・シュマイケル

「議論の余地はない。彼らは25ポイント差をつけているって?

彼らにとっては本当に本当に悲しいことだが、(シーズンを)完了させなくてはいけない。

優勝したと言うためには、勝ち取らなければいけない。

もし自分がリヴァプールだったら、(優勝を)与えるだろうか。

(シーズンを打ち切った)ベルギーではクルブ・ブルッヘに(優勝を)与えた。

どれほど自分たちが本気で優勝したいのか?

もし自分がリヴァプールだったなら、自分に(優勝を)授けたのかは分からない。25ポイント差があってもだ。

自分が勝ち取った最高の結果のひとつが、1992年のEUROだ。

(取り巻く状況が)同じではないことは分かっているが、似たようなものだ。

我々は予選突破すらしていなかったが、ユーゴスラビアでの内戦によって出場すると優勝までした。

自分が成し遂げた最大の成果のひとつだ。だが、我々は勝つためにプレーをした」

1992年のEUROでは、出場権を剥奪されたユーゴスラビアの代替出場だったデンマーク代表が初優勝。当時のメンバーだったシュマイケルからとすると、優勝はあくまでも最後までプレーした結果としてあるものということだろうか。

そのシュマイケルがプレミアリーグで自らゴールを決めた伝説シーンがこれ。

動画を見たい場合はここをタップ!

これはアストン・ヴィラに所属していた2001-02シーズンの得点。プレミアリーグでは彼を含めて得点を決めたGKは5人しかいないとか。

シュマイケルはこの後に宿敵シティに移籍して引退している。