関電問題で電力各社に報告命令

経産省、内部調査求める

©一般社団法人共同通信社

 経済産業省は7日、関西電力役員らによる金品受領問題を受け、電気事業法に基づき、大手電力各社に不適切な工事発注などがないか調査し、今月17日までに報告するよう命じたことを明らかにした。命令は6日付。

 命令では工事発注のほか、役職員による金品受領や電気料金の値上げに伴ってカットした役員報酬に対する補填の有無について調査するよう求めた。

 関電を巡っては、東日本大震災後の赤字でカットしていた役員報酬を退任後に補填していたことが第三者委員会の調査で判明。関電は先月30日、一連の問題に関する業務改善計画を経産省に提出した。