立民・安住氏「初動遅れた」

政府と都の対応を検証方針

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の安住淳国対委員長は7日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の発令について「初動の遅れが感染を広げたことは事実で、遅きに失したと指摘せざるを得ない」と述べた。その上で「この先、悪化させないように協力したいが、政府や東京都の対応は厳しく検証していく」と国会内で記者団に述べた。

 これに先立ち、立民など野党4党の国対委員長は国会内で会談し、緊急事態宣言の発令後も政府の対応をただす場が必要だとして、国会での質疑を求めていく方針で一致した。一方で、不要不急の法案審議は見合わせるべきだと確認した。