571施設で軽症対応可能

楽天サイトの登録ホテル

©一般社団法人共同通信社

 楽天は7日、運営する旅行サイト「楽天トラベル」に登録するホテルなどの宿泊施設のうち、571施設(計6万5156室)で新型コロナウイルスの軽症者や無症状の感染者の受け入れができることを明らかにした。自治体などから問い合わせがあれば、対応できる施設を紹介するとしている。

 厚生労働省は3日、病床の逼迫を受け、軽症者らについては自治体の用意する施設やホテルなどでの療養を検討するよう都道府県などに通知した。これを受けて楽天は5日から宿泊施設に受け入れができるかどうかの聞き取り調査を実施した。