トヨタが医療用フェイスシールド製作。自社生産活動用にマスク製造も実施

©株式会社 音元出版

トヨタ自動車ならびにトヨタグループ各社は、新型コロナウイルス感染拡大に関連する今後の主な取り組みを発表した。医療現場や医療用品への支援を表明するとともに、雇用を守りつつ体質改善を図り経済の維持・発展へ貢献したいという考えを示した。

まず医療用フェイスシールド(防護マスク)を製作し、医療機関へ提供。豊田市にある同社貞宝工場にて試作型による生産準備が進行しており、週500〜600個程度から生産を開始する予定だという。さらにグループ企業でも生産可能か検討を開始したとのことだ。

また、同社のサプライチェーンを通じて医療用マスクや防護服、体温計などの衛生用品の調達支援に向けた取り組みも進める。

そのほか、医療機器メーカーによる人工呼吸器等の増産に対し、トヨタ生産方式(TPS)のノウハウ活用による工程改善といった協力を検討。JPN TAXI等の車種を中心に、軽症の感染者移送時に運転手の飛沫感染を抑制する方法なども検討しているという。

なおトヨタグループ内での生産活動に必要な分を自給自足するため、マスクを自社施設内で生産する。「市場からの調達量を低減することで、社会におけるマスク不足の緩和に少しでも寄与できればとの想いによるものです」と説明されている。

具体的には、デンソーは4月中の生産開始を目指して試作品の生産に着手しており、軌道に乗れば10万枚/日の量産が可能となる見通し。

トヨタ紡織は、4月上旬から刈谷工場において、1日あたり1,500枚の生産を開始。順次増産を図る。5月以降は猿投工場に移管し1日あたり1.2万枚の生産を目指すという。

そのほか、アイシン精機、ダイハツ工業、日野自動車などでもマスクの自社生産を検討中とのことだ。