中村倫也「美食探偵 明智五郎」㊙︎裏メニューが配信。「ぜひオンエア後のデザートとして、お楽しみください」

©株式会社東京ニュース通信社

4月12日にスタートする、中村倫也主演の日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30)の本放送と並行し、オンライン動画配信サービス・Huluでも「美食探偵 明智五郎 ㊙︎裏メニュー」と題した、オリジナルストーリーが配信されることが決定した。

同ドラマは、人気漫画家・東村アキコ氏によるコミックを映像化するサスペンス。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の探偵・明智五郎が、相棒の小林苺(小芝風花)と共に、類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していくストーリー。“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら、“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼の、自称・マグダラのマリア(小池栄子)との関係も描かれていく。

地上波の本編の放送後から毎週1話ずつ、配信されるアナザーストーリーでは、レギュラー陣&各話のメインゲストが総出演。毎回1人の登場人物をフィーチャーし、本編のキーワードとなって毎回登場する「美食」を糸口に、そこに秘められた登場人物の思いを描きながら、隠された事件の本質に迫るアナザーストーリーが展開。本編を見るのが楽しくなる仕掛けもたっぷりで、登場人物の背景にある驚きのエピソードや、本編で流れたシーンとシーンをつなぐ意外なストーリーなどもつづられていく。

禁断の扉を開けてしまう明智と、“主婦”から“連続殺人鬼”へと変貌する美女=マグダラのマリアとの出会いが描かれる本編第1話。それを受けた配信第1話では、明智の少年時代のエピソードが明らかに。母・寿々栄(財前直見)が多忙ゆえに家を空けることが多く、寂しさを感じていた明智少年…。彼の舌はいかにして鍛えられたのか? 美食の師匠だった祖父・五十六(坂本あきら)との温かくも切ないエピソードを描きながら、その謎をひもといていく。

中村は「各話の登場人物たちの『実はこんなこと考えていた!』『実はこんなやりとりが行われていた!』と、より本編を楽しめる、そしてより『美食探偵』を味わえる、そんな作品になっております。ぜひオンエア後のデザートとして、お楽しみください」と呼びかけている。