「美食探偵 明智五郎」主題歌は宇多田ヒカルの新曲。東村アキコの描き下ろしイラスト版ビジュアルも公開

©株式会社東京ニュース通信社

宇多田ヒカルの「Time」が、4月12日にスタートする中村倫也主演の日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30)の主題歌に決定。中村は「宇多田さんに主題歌を歌っていただけると聴いて、すごくうれしくテンションが上がりました」と喜びを語っている。

同ドラマは、人気漫画家・東村アキコ氏によるコミックを映像化するサスペンス。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の探偵・明智五郎が、相棒の小林苺(小芝風花)と共に、類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していくストーリー。“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら、“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼の自称・マグダラのマリア(小池栄子)との関係も描かれていく。

主題歌となる「Time」は宇多田書き下ろしによる新曲で、彼女が同局のドラマに主題歌を提供するのは、デビューから22年目で初めてのこと。宇多田は主題歌の依頼を受け、原作漫画を読んだ上で制作。楽曲は4月12日のドラマ初回オンエアで初公開され、5月8日の楽曲のフル音源配信スタートまでは、ドラマ本編で主題歌として使用される部分のみ解禁になる予定だ。

中村は「ドラマのエンディングで、主題歌の最初のイントロの音が鳴った瞬間、そこはかとない切なさを感じて、『あれ? 今、泣きそう……俺』と。なぜだろうと思ったら『優しいんだな、この歌』と気付きました」と楽曲に心を動かされたことを明かし、「今回のドラマは、特別な人たちではなく、他人事には感じられないような、生活感のある人たちが事件を起こす話。曲を聴いて、そういうところに優しいしずくが“ぽちゃん”と垂れたように感じました。“寄り添ってもらいたいもの”や“甘えたいこと”など、大人の色々な苦労を分かち合える優しさのようなものが感じられて、引き込まれるなと…。このドラマがどういうふうにラストを迎えて、最終話のエンディングで流れるこの曲がどういう意味合いを持って聴こえてくるのか……。僕自身すごく楽しみです」とメッセージを寄せている。

また、かねて出演が発表されていた、同局の「月曜から夜ふかし」(月曜午後11:59)で“セクシーお姉さん”として知られる青山めぐのドラマでの役柄が、“死体”役であることが判明。青山が演じるのは、男と一緒に高級ホテルでバスロープを身にまとい、遺体として発見される女・川上エリ。ちょうど同じホテルに居合わせた明智が、調査に乗り出すこととなるが、その殺人事件の背後には”マグダラのマリア“の存在があるという役どころだ。そして、志田未来演じる古川茜の恋人で、エリと一緒に遺体で発見される沢田剛役を、大下ヒロトが演じる。青山の出演は、4月19日放送予定の第2話でもある予定だ。

「『月曜から夜ふかし』でも大々的に告知していただき、思っていた以上に反響をいただいてしまい、なかなか言い出せなかったのですが、今回私は死体役です」と苦笑する青山は、「ただそうそうたる皆さんの中で川上エリ役を演じさせていただき、とても勉強になりましたし貴重な体験ができました。私たちの生きざま? 死にざま??にも、ぜひ注目してください!」とアピールしている。

さらに、日本テレビ公式YouTube( https://youtu.beSLuS3PQyaFI)、番組公式Twitterでは「銀座で聞いた!あなたは食で殺意を覚えたことがありますか?」と街行く人に聞いた禁断の街頭インタビュー動画を公開中。ドラマのテーマが「食」となることから実施されたインタビューでは、「冷蔵庫のお菓子を食べられた時」といったライトなものから、男女の別れのきっかけになるようなヘビーなものまで、あらためて「食」が人の生活に深く根ざしていることを感じさせるような回答が続出する。

そして、東村氏描き下ろしによるイラスト版のポスタービジュアルも解禁。実写のポスタービジュアルをもとに描かれたもので、ドラマと漫画の世界観がシンクロした1枚になっている。