トヨタ、顔覆う防護マスク生産へ

医療現場支援、従業員用も自前で

©一般社団法人共同通信社

トヨタ自動車が北米で生産している防護マスク

 トヨタ自動車は7日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、顔全体を覆うフェイスシールドと呼ばれる医療用防護マスクの生産を始めると発表した。トヨタとグループ企業の従業員が使用する通常のマスクも自分たちで生産するなどして賄い、マスク不足の緩和につなげる。

 医療用防護マスクは、4月中に愛知県豊田市の工場で生産を始める。医療機関に提供するもので、当初は週500~600個程度を生産する計画だ。従業員向けのマスクは、部品大手デンソーが4月中の生産開始を予定している。1日に10万枚の量産を目指す。