“NEXT第七世代”注目芸人ガチギレでまさかの展開「みんな大っ嫌いだから」

©吉本興業株式会社

3月19日(木)、雨上がり決死隊・蛍原徹がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日)が放送され、『NEXTお笑い第七世代』として、そいつどいつ(松本竹馬、市川刺身)、カラタチ(大山和也、前田壮太)、ぼる塾(きりやはるか、あんり、田辺智加)、放課後ハートビート(松下シュート、HIWA)、はなしょー(杵渕はな、山田しょうこ)、ラランド(サーヤ、ニシダ)、ゾフィー(上田航平、サイトウナオキ)が登場しました。

出典: アメトーーク!

今後、“お笑い第七世代”に入る可能性のある超若手芸人を発掘する本企画では、それぞれが自分たちの魅力をプレゼン。ゲストMCとして、FUJIWARA・藤本敏史とハナコ・岡部大が出演しました。

ぼる塾が先輩芸人に物申す!

出典: アメトーーク!

『キングオブコント』(TBSテレビ)準決勝に進出するなど、コント師として知名度を上げているそいつどいつの2人。そのほかに市川は俳優業もやっているとのことなのですが、ドラマ出演後の変化について相方・松本が言及し、「僕がネタを書いているんですけど、(市川が)もれなく役者ぶる」とクレームを出します。しかしトーク中に奇妙な行動をとる松本に、藤本から「松本のほうがヘン」との指摘が。

それを発端に、市川が「松本はSNSで“そいつどいつ面白くない”って書き込んでいる人を見ると、リプ(返信)を送ってケンカをする」とエピソードを暴露。追随するように後輩のあんりが「若手の劇場でも嫌われている」と話します。

あんりの攻撃は止まらず、松本が劇場で「自分がネタを書いている」と言いふらしているため、「そいつどいつのネタが面白く(感じられ)ないんですよ」とバッサリ。「みんな大っ嫌いだから!」「今日で学べよ!」と言い放ち、思いがけない展開となりました。

はるかの切り裂くような本音に…

出典: アメトーーク!

さらにゾフィー・上田が、芸人になる前、劇団を主宰していたものの尖りすぎたため「劇団員全員辞めてしまった」というエピソードを回顧。「めっちゃ嫌われていました」と吐露すると、あんりは「あー(今の)松本さんと一緒だ」とポツリ。

松本は「誰がや。ナメるな!」と怒りを露わにし、蛍原らも「あんりちゃん!」と制します。エンジンのかかったあんりは「話を聞いとけよ!」とぶつけるも、松本は前を見つめ「(あんりと)目を合わすか!」と動じませんでした。

また、ぼる塾・はるかの悪気がないのに平気で人を傷つけるというエピソードから、松本が「じつは……」と切り出します。今回あんりとの対立で盛り上がっていたものの、「あんりがガーって言ってくるんですけど、(はるかのほうが)ちょっと傷つく」と告白。あんりと激突している最中に「ちょいちょい(外野にいたはるかから)“誰も見てないんだから”って言われた」と明かし、爆笑を誘いました。