横山さん「ノースライト」 本屋大賞で4位

©株式会社上毛新聞社

大賞は凪良さん「流浪の月」

 全国の書店員が一番売りたい本を投票で選ぶ「2020年 本屋大賞」が7日発表され、凪良(なぎら)ゆうさんの「流浪の月」(東京創元社)が選ばれた。上位10作品にノミネートされていた元上毛新聞記者、横山秀夫さんの「ノースライト」(新潮社)は4位となった。

 横山さんのノミネートはいずれも2位だった04年の「クライマーズ・ハイ」、13年の「64(ロクヨン)」に続き3回目。横山さんは「7年ぶりの出版作にも関わらず高い評価をいただき光栄」と話した。