二本松郵便局の職員ら8人が感染 福島県内の感染確認は24人

©株式会社河北新報社

 福島県は7日、二本松郵便局(二本松市)の職員3人を含む8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は24人となった。県は「感染者の急増で入院先の調整が困難になっている」として、軽症者らが療養する宿泊施設などの確保を急ぐ方針。

 県によると、いずれも同郵便局職員で福島市の40代男性、50代男性、30代男性が感染した。30代男性は3月30日に発症し、4月2日まで窓口業務に従事。40代男性も30日に発症し、1日までデスクワークをした。50代男性の妻で介護職員の40代女性も感染した。

 さらに郡山市の50代会社員男性と、いずれも須賀川市の男女3人が感染した。3人のうち50代男性と40代女性は8例目の10代女性の同居家族。残る1人は30代男性。

 県内の感染者受け入れ態勢は計52床。感染者のうち1人は退院済みで空き病床は29床となる。現在は軽症者も感染症病床に優先的に入院させている。

 県は首相の緊急事態宣言を受け、対象7都府県からの転入者の2週間の外出自粛を要請した。