「第55回上方漫才大賞」史上初のSP放送。アインシュタイン、からし蓮根らの珠玉のネタ大放出

©株式会社東京ニュース通信社

関西テレビで4月11日放送の「第55回上方漫才大賞」(午後3:00、関西ローカル)では、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、大阪・オリックス劇場からの生放送を中止し、大会史上初のスペシャルな形でおくる。

「上方漫才大賞」は、上方演芸界で最も長い歴史を持ち、寄席、放送及びそのほかの舞台などで、年度を通じて最も活躍した者に贈られる伝統ある賞。過去には、夢路いとし・喜味こいし、横山やすし・西川きよし、そしてダウンタウンをはじめ、数々の実力派漫才師が受賞している。

今回は、事前の審査会で奨励賞・新人賞候補に選ばれていた“幻の新人賞・奨励賞ノミネートコンビ”として、アインシュタイン、アキナ、見取り図、ギャロップ、からし蓮根、さや香ら総勢12組の珠玉ネタを放送。

さらに、特別企画として、半世紀以上にのぼる「上方漫才大賞」の歴史を貴重映像とともにプレーバック。横山やすし・西川きよしの懐かしの漫才を西川のインタビューとともに振り返り、第21回の受賞者である司会の大平サブローが映像を見ながら当時の心境を明かす。

2002年4月に放送した第37回から毎年司会を務め、番組の顔ともなっているサブローは「今年は中止になってもおかしくなかったのに、行われたことがすごいと今、あらためて思います。5年先、10年先に『“上方漫才大賞”がそれだけ世間に認知されている賞だった、歴史の分だけ分厚さがあった、腰の強さがあったんだな』ということの証明として歴史に刻まれるのではないかと思います」と確信している。