高嶋ちさ子と仲間たち「負けないで」の“テレワーク”演奏が話題に

©株式会社フジテレビジョン

ヴァイオリニストの高嶋ちさ子が、YouTubeチャンネルを開設し話題になっている。現在会社員の間でも広がりを見せている“テレワーク”で、音楽の仲間たちと共にZARDの「負けないで」を演奏しているのだ。

桜の木をバックに、白いカジュアルなパーカー姿で登場した高嶋は、「12人のヴァイオリニストといつもコンサートで演奏する仲間たち総勢24人、そして家族も入れて、『負けないで』を選曲しました」とコメント。さらに「動画の中ではちょいちょい小細工しているので、何度も見て笑っていただきたい」と紹介する。

映像を見ていると、企業だったら壮大なビデオ会議をしているような構図だが、それぞれが楽器を持って演奏しているという大変珍しい“テレワーク”演奏になっている。

さらに、高嶋の夫や息子がお面をかぶって登場したり、メンバーが演奏だけでなくさまざまな小道具を使って演出したり、最後まで飽きさせない工夫が満載だ。

4月8日(水)現在、30万回再生に迫る勢いで、SNS上でも「これはすごい」「ポジティブがチャージされました」「鳥肌が立ちました」「音楽の力ってすごい」と多くの人がリアクションしていた。

またこちらのチャンネルには、エルガー作曲「威風堂々」もアップされており、高嶋と日本を代表する8人のチェリストとの“テレワーク演奏”が楽しめる。こちらも動画を見ていると、くすっとできる写真が複数枚登場し、最後に「みんな頑張ろう!!」のメッセージが。

演奏そのものはもちろん、高嶋そして共に演奏する仲間たちの楽しそうな表情を見ているだけでも元気が出そうだ。次のテレワーク演奏に注目したい!