「隕石家族」主演・羽田美智子が撮影エピソード&ドラマの魅力を語る

©株式会社東京ニュース通信社

4月11日から、フジテレビ系連続ドラマ「隕石家族」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)がスタート。主演の羽田美智子が作品への思いや撮影のエピソードなどを語った。

舞台は、巨大隕石の接近で地球滅亡まであと半年の運命にある東京。幸せに暮らしていた門倉家に起こる、主婦・久美子(羽田)の突然の主婦卒業&恋愛宣言をきっかけに、家族の知らない一面が次々と明かされていく、異色ホームドラマだ。長女の美咲を泉里香、次女の結月を北香那、義母の正子を松原智恵子、そして久美子の夫・和彦を天野ひろゆきが演じる。

明るい性格で、家族の笑顔の柱である久美子を演じる羽田は「すごく自分に近い役なので、役作りという意味では特に苦労はなく、地のまま演じている感じです。ただ自分よりはるかに久美子さんの方が、ぶっ飛んでいますけどね」と共感を寄せる。

門倉家の面々については、「北香那ちゃんと私のシーンをモニターで見ていた天野ひろゆきさんが『なんかこの2人似てきたなぁ』とおっしゃっていて。実はその前にも、松原智恵子さんに『本当の親子みたい!』って言われたんです。香那ちゃんと私はそもそも似ている顔じゃないのに似てきたり、長女の美咲とおばあちゃん(松原)が似てきたり」とすっかり家族らしさが作り上げられている様子を明かす。

さらに、「最後まで似てこないのは天野さんだけ」と笑いつつ、「でも門倉家のパパ・和彦役の天野さんの栄養素はいっぱいもらっていて、あの陽だまりみたいな、あったかい空気はサプリメントみたい。パパが来ると楽屋も華やぐし、キャンドルみたいにみんながぱぁ~っと明るくなる」と感謝している。

そして、「壮大なメッセージがあるけれど、それをコミカルに軽快にテンポよく描いています。きっと『ありえないよー!』なんてツッコミがありながらも、『こんな現実かもしれない』っていう変なリアル感があるドラマ。誰の気持ちに照準を当てるかっていうことで見ると、どんな世代の人にも共感が得られるストーリーがあると思います」と作品の魅力をアピール。

最後に「『オトナの土ドラ』枠という、土曜日の深夜の時間帯なので、どこかハチャメチャで、どこか痛快で。笑って泣けて考えさせられて、明日元気になる、笑顔になるっていう要素が盛りだくさんなので、これを見て生きる活力につながってくれたらうれしいです。1話の最後に『えー!』ってなって、2話の最後にも『はぁ?』ってなって、3話では『うそ!?』、4話には『マジで!?』って。目の離せない展開が最終話まで続くので、眠くなっちゃった方は録画していただいて(笑)、最後まで見ていただければうれしいです!」と視聴者へメッセージをおくった。