住友化学、超微粒高純度アルミナの新工場建設へ 新居浜・菊本に

©株式会社愛媛新聞社

住友化学愛媛工場菊本地区の超微粒高純度アルミナの工場建設予定地(同社提供)=新居浜市菊本町

 住友化学(東京)は新居浜市菊本町の愛媛工場菊本地区に、従来の高純度アルミナよりも粒が小さく強度や耐薬品性に優れる超微粒の高純度アルミナを生産する新工場を建設する。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの普及を見据え、2021年度に建設、22年度に製造販売開始を目指す。事業費は約20億円。同社は25年度までに年間500~600トンの生産能力増強を見込む。

住友化学が開発した超微粒高純度アルミナの拡大写真(同社提供)