日銀総裁、コロナ「深刻な影響」

支店長会議で、金融緩和追加も

©一般社団法人共同通信社

日銀本店で開かれた支店長会議に臨む黒田総裁=9日午前(代表撮影)

 日銀の黒田東彦総裁は9日の支店長会議で、新型コロナウイルスの感染拡大について「わが国経済にも輸出・生産や個人消費の落ち込みなどを通じて深刻な影響を及ぼしている。経済の先行きは不確実性が極めて高い」と強い懸念を示した。感染の影響を注視し、状況次第で「ちゅうちょなく追加の金融緩和策を講じる」との考えを強調した。

 日銀が1日に公表した企業短期経済観測調査(短観)は、感染拡大に伴う経済活動の縮小を反映し、大企業製造業の景況感が悪化。最近の景況感を示す業況判断指数(DI)は7年ぶりにマイナスとなった。