【米大統領選2020】 サンダース氏、民主党候補選びから撤退 バイデン氏指名確実

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

米大統領選で野党・民主党の候補指名を目指していたバーニー・サンダース上院議員(78、ヴァーモント州選出)が8日、選挙戦からの撤退を表明した。これにより、11月に予定される本選は、ジョー・バイデン前副大統領(77)とドナルド・トランプ米大統領の対決になる見通しとなった。

サンダース氏は8日、支持者に向けたライブストリームで、候補指名争いで勝利するのに十分な票を獲得できる道は残されていないと述べた。

また、支持者の中には、最後の予備戦まで戦ってほしいと願っている人もいるだろうとした上で、選挙戦からの撤退は「非常に難しい、つらい」決断だと明かした。

「候補指名を実現できる道が我々にはあるという確信があれば、私は間違いなく選挙戦を続けていただろう」

サンダース氏は続けて、この選挙戦は「自分たちがどのような国民になれるのか、ということについての米国人の意識を変えた。また、経済的正義や社会的正義、人種的正義そして環境的正義のための終わりなき戦いの中で、この国を大きく前進させた」と述べた。

サンダース氏は、票の過半数を「30歳以下の人だけでなく、50歳以下の人からも」獲得したと述べ、「この国の未来は、我々の発想と共にある」とした。

自らを「民主社会主義者」と形容するサンダース氏は、国民皆保険制度や大学の学費無料化、富裕層への増税、最低賃金の引き上げなどを公約に掲げていた。

若者票の獲得に成功していたサンダース氏は、ここ数週間はバイデン氏から遅れを取っていた。

サンダース氏は前回の2016年の民主党予備選では、ヒラリー・クリントン氏に敗れた。いずれの選挙戦でも、アメリカに「政治革命」をもたらすと公約し、若者の支持を得ていた。

また、カーディ・Bやアリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、マーク・ラファロ、ディック・ヴァン・ダイクといった多数のセレブからの支持も獲得していた。

サンダース氏は8日、「我々の進歩的な発想を前進させる」ために、候補指名を争ったバイデン氏と連携していくと述べた。「共に団結し、アメリカの現代史上最も危険な大統領であるドナルド・トランプを倒すために我々は前進する」。

政界からの反応

バイデン氏は、サンダース氏の撤退表明から間もなく、「私はバーニーのことをよく知っている。彼はいいやつで、すばらしいリーダーで、この国を変えるための最も強力な発言力を持つ人物の1人だ」と

した。

バイデン氏は声明で、アメリカの利益をなによりも優先してくれたサンダース氏に「感謝」しているとした。

「サンダース氏の支持者に対し、私も同じ誓いを立てる。私は皆さんのことを見ている。皆さんの声は聞こえている。この国で我々が成し遂げなければならないものの緊急性を理解している。私は、皆さんに我々に加わってもらいたい。大歓迎だ。皆さんが必要だ」

3月に民主党候補争いから撤退したエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州選出)も、「選挙戦中、粘り強くアメリカの労働者世帯のために戦ってくれた」として、サンダース氏に感謝した。

トランプ大統領は8日、ホワイトハウスでの新型コロナウイルス対策についての定例会見で、バイデン氏がかつて仕えたオバマ前大統領からの支持を得られていないことを疑問視した。

「オバマ前大統領がスリーピー・ジョー(寝ぼけたジョー)を支持していないことに驚いた」、「支持を表明するのはいつになるんだ? オバマはきみたちが知らない何かを知っているんだ。私は知っているけど、きみたちは知らないことだ」

オバマ氏はこれまでのところ、民主党の予備選を傍観する姿勢を崩していない。

しかし米メディアによると、オバマ氏は今、バイデン氏を支持することを熱望しているという。

重大な成果

BBCのアンソニー・ザーカー北米担当記者は、サンダース氏の2度の大統領戦出馬が、国民皆保険や環境、大学授業料無料化などの問題において、民主党の左派政策を推し進めたと指摘。サンダース氏の熱狂的支持者は、こうした事実に慰めを見い出せるとした。

また、「社会主義者」というレッテルを貼られても、野心的な政府プログラムを受け入れるのを進歩派は恐れない、というサンダースが生み出したムーブメントは続いていくと、ザーカー記者は見ている。

サンダース氏は8日、「我々はイデオロギーをめぐる戦いに勝利した」と発言した。

大統領の地位はつかめなかったが、それでも重大な成果をあげたと言える。

(英語記事 Bernie Sanders suspends 2020 election campaign