新しく利用を開始した施設をご紹介します

©株式会社VOTE FOR

安心して子どもを産み育てられる環境づくりのため、整備を進めていた5つの幼保連携型認定こども園と御所放課後児童クラブが完成しました。
御所放課後児童クラブは3月23日、こども園は4月1日から利用を開始しています。

◆はやし子ども園
子どもたちが保育室から駆け出して遊べる園庭、広々とした吹き抜けの遊戯室には、ボルダリング設備や楽しみながら利用できる図書・絵本コーナーを配置し、笑顔があふれる子ども園を目指します。

設置・運営:社会福祉法人和田島福祉会
構造:鉄骨造2階建て

◆伊沢認定こども園
子どもたちが元気いっぱい活動できるように園庭だけでなく、中庭や屋上にウッドデッキを設けています。内装は、色調豊かな配色を施し、子どもたちが親しみのもてる空間づくりに努めています。

設置・運営:阿波市
構造:鉄筋コンクリート2階建て

◆市場かもめこども園
子どもたちが自然と集まり交流しやすいよう中庭や遊戯室、ランチルームを中央に配置しました。内装にもわくわくするような装飾を施し、毎日通いたくなるようなこども園を目指します。

設置・運営:社会福祉法人かもめ福祉会
構造:木造平屋建て

◆久勝かもめこども園
南の側窓、天窓などを活用し自然光や風を取り入れると共に断熱性能を高めて、子どもたちが快適に過ごせるようにしました。また、国指定天然記念物である「野神の大センダン」をランチルームから見えるように配置しました。

設置・運営:社会福祉法人かもめ福祉会
構造:木造平屋建て

◆御所放課後児童クラブ
子どもたちが安全で居心地よく過ごせるように児童室とホール、勉強室を一体的な広い空間として使用できるように設計し、事務室や台所から支援員が子どもたちの姿を見渡せるようになっています。

運営:シダックス大新東ヒューマンサービス(株)
構造:木造平屋建て

◆かきはら子ども園
南面の園庭を柿原の柿色を軸に色調を整えたL型の建物で囲み、子どもたちが教室から園庭へ駆け出せるようにしました。また庇を少し低くし、夏の太陽や風雨から子どもたちを守るよう設計されています。

設置・運営:社会福祉法人和田島福祉会
構造:木造平屋建て

◆金清自然公園がご利用できるようになりました!
「金清自然公園」は、四季折々に彩られる周辺のロケーションを活かし、さまざまな世代の方が健康づくりや憩いの場として利用できるよう整備しました。
イベントや地域の行事などにご利用ください。
桜などの植樹は、今後行う予定としています。

公園の概要:
(1)遊歩道(一周500m)
(2)芝すべり
(3)多目的広場
(4)観光案内板
(5)展望広場(東屋)
(6)多目的トイレ