バイエルン、ドルトがチェルシー独DF獲得に興味か…

©フットボール・トライブ株式会社

アントニオ・リュディガー 写真提供: Gettyimages

バイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントはチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの獲得に興味を抱いているようだ。8日、英紙『スカイスポーツ』が報じている。

同紙によるとチェルシーはリュディガーとの新契約に向けて準備を進めている模様。しかし、27歳のドイツ代表DFはスタンフォード・ブリッジを後にする可能性があるようだ。

チェルシーはリュディガーとの契約を2022年の夏まで残しており、またチェルシーは新たに契約延長オプション付きの3年契約を準備しているようだ。

リュディガーは2017年にローマから移籍金3150万ポンド(約42億円)でチェルシーへと加入。これまで公式戦105試合に出場している。はたしてリュディガーは母国ドイツで新たな挑戦を迎えるのだろうか。