オフィス空室率、9カ月ぶり上昇

3月末時点の東京都心5区

©一般社団法人共同通信社

高層ビルが立ち並ぶ東京都心部。中央は東京タワー=3月31日

 オフィス仲介大手の三鬼商事が9日発表した3月末時点の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィス平均空室率は、前月比0.01ポイント上昇し1.50%だった。上昇は9カ月ぶり。移転による大型物件の募集があった一方、新築ビル3棟が満室で完成し、わずかに上がった。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響に関しては、担当者は「まだ数字に表れていない」と話した。ただ、経済の先行き不透明感から移転計画の取りやめや入居契約の撤回の動きも出ており、空室率はこれまでの低下基調から上昇に転じる可能性がある。