再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

©新華社

坑内に入る前に安全宣言を行う山西焦煤集団の作業員。(3月6日撮影、太原=新華社配信)

 【新華社太原4月9日】中国山西省にある山西潞安集団の炭鉱ではこのところ、作業員が坑内での生産準備に追われており、間もなく発電用石炭を満載した列車が湖北省に向けて出発する。

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

山西大同煤鉱集団が湖北省の発電所に送る発電用石炭を積んだ列車。(2月23日撮影、太原=新華社配信)

 湖北省武漢市は4月8日午前0時、同市から市外・省外に通じるルートの規制措置を解除した。職場復帰・生産再開が加速するのに伴い、山西潞安集団の炭鉱作業員は生産にいっそう力を入れ、湖北省武漢市の経済回復に必要な石炭の供給を確保している。

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

7日、石炭を積み込む山西潞安集団の作業員。(太原=新華社配信)

 新型コロナウイルスによる感染症の発生以降、湖北省の各発電所では発電用石炭の在庫が一時的に減少したため、山西省の石炭企業は相次いで救いの手を差し伸べた。

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

消毒を行う山西大同煤鉱集団の作業員。(2月20日撮影、太原=新華社配信)

 山西省国有資産監督管理委員会の関係責任者によると、3月31日までに、山西省の石炭企業5社が湖北省に向けて発送した石炭は230万トン余りに達した。(記者/呂夢琦)

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

7日、安全検査を行う山西潞安集団の作業員。(太原=新華社配信)

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

安全検査を行う山西大同煤鉱集団の作業員。(2月20日撮影、太原=新華社配信)

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

7日、設備の点検と修理を行う山西潞安集団の作業員。(太原=新華社配信)

再開した武漢市の経済回復支える石炭、山西省が供給拡大

7日、石炭を積み込む山西潞安集団の作業員。(太原=新華社配信)