朝倉未来にインタビュー!YouTube登録者数100万人達成「ほとんどの人が“無理”と言っていた」

©株式会社フジテレビジョン

RIZINで活躍する総合格闘家・朝倉未来選手のYouTubeチャンネルの登録者数が、4月8日(水)に100万人を突破した。格闘技の魅力を広めたい!ということで始めたYouTubeだったが、わずか10ヵ月という異例のスピードでの達成となった。

“街の喧嘩自慢にプロ格闘家がスパーリングを申し込んだら”、“ぼったくりバーに一人で潜入したらあり得ない金額を請求されて口論になった”などチャレンジングな企画から、人気YouTuberとのコラボ企画、さらに動画制作チームのメンバーの誕生日を祝うほっこりしたものまで、バリエーション豊かな動画が次々とアップされている。

以前、未来選手は「1年以内に100万人を目指す」と語っていたので、2ヵ月早く達成したことになるが…本人は今どのような心境なのか?

――「1年以内に」と語っていましたが、10ヵ月で達成しました。今の気持ちは?

めちゃめちゃ嬉しいのと、僕がYouTubeを始めて3ヵ月目に「1年以内に100万人」宣言をしたのですがほとんどの人が「無理」と言っていたので、有言実行できて本当に良かったです。

――YouTube動画制作メンバーの反応はいかがですか?

この状況なので、まだ会えていないのですが喜んでくれているかと。近々ひとりひとりと僕が対談して【100万人登録記念動画】を撮りたいと考えています。色んな思い出話が出ると思いますよ。

「“喧嘩自慢”は、唯一僕にしかできない動画」

――未来選手のInstagramで「YouTubeをやって良かった」とコメントしていましたが、そのように思う一番の理由は?

格闘技を広めたという自負があります。あと、メンバーは地元・豊橋の子が多いのですが、良くも悪くも俺が彼らの人生を変えました。皆が今の人生を楽しんでいるのがわかるので良かったし、さらに何よりも視聴者さんが楽しんでくれているというのが良かったと思います。

YouTubeメンバーに仲間入りしたトイプードルの“きなこ”(現在生後3ヵ月)

――今まで配信してきた動画で、印象深いものは?

【喧嘩自慢】ですかね。唯一、僕にしかできない動画だったかな、と。YouTubeを始める前から考えていた企画だったのですが、これのおかげで乗りに乗れたと思っています。今後も、色々な地方に出向いて街の喧嘩自慢とスパーリングしてみたいと思います。

「ヤラセをしないと徹底しているので、ボツになる動画も多い」

――一方で、動画作りの苦労はありますか?

メンバーの中で、ヤラセをしないというのを徹底しているので、企画自体が失敗したりばれちゃったりすると、労力をかけてもボツになってしまうんです。ボツを集めた動画集を一回出したことがあるのですが、またそういう形で出すかもしれません(笑)。

――今後チャレンジしたい企画は?

動画は不意に思い付くものなので、今大々的に考えていることはないのですが、新しいYouTuberとコラボしてみたいです。

あと、格闘家とコラボするのも面白いのではないでしょうか。RIZINのファイターだったら、“サムネ映え”しそうな北岡悟選手と、格闘技以外のことをやってみたいですね。先日、浅倉カンナ選手ともコラボしたのですが、僕は女性とコラボすると再生回数が伸びるので、他の女子格闘家の皆さんともやってみたいです。

――登録者のほとんど男性だと言っていましたが、女性の割合は増えましたか?

10%まで増えましたよ。

――残念ながら、RIZIN.22が延期となってしまいましたが、今の気持ちと次の試合への意気込みを!

RIZIN.22へは準備もできていたし調子が良かったのですが、この(新型コロナの)状況なので仕方ないです。今は家の中で筋トレしたり、たまにランニングしたりしています、もちろん距離を保ちながら。 夏にはメガイベントをやるらしいので、面白い相手と闘うために強くなっておこうと思います!