感染者を陰性と誤伝達、大阪

医療機関と家族に謝罪

©一般社団法人共同通信社

 大阪府は9日、新型コロナウイルスの検査で陽性が確認された人について同日、誤って陰性と医療機関に伝えたと発表した。検査結果を受けて医療機関が救急外来から一般病棟に移動させており、家族やスタッフが接触した可能性がある。個室だったため他の患者との接触はないとしている。

 府は「あってはならない初歩的なミス」だとして、医療機関と家族に謝罪した。府庁と保健所が感染者の情報のとりまとめ作業をしていて誤伝達が判明した。